発電ビジネスをお考えの方

2012年7月1日より始まった「全量買取制度」は、事業所などの非住宅において太陽光発電で発電した電力の全てを1kwhあたり42円で20年間固定買取することを電力会社に義務付ける制度です。オフィスビルや商業施設、工場などの屋根や遊休地などに設置することで売電収入や環境貢献による企業のブランドイメージのアップなどのメリットが期待できます。
アパート・マンションなどでも設置面積により「全量買取制度」の対象となる容量を設置できる可能性があります。
*対象となる設備は10kw以上のシステムであることが条件です。どのくらいのシステムを設置できるかわからない方はまず当社に図面(立面図、伏せ図)をお送りください。担当アドバイザーより詳しいご案内をさせていただきます。

 このページに関係のあるページをチェックする 無料見積もり

低圧太陽光発電所のメンテナンス